四国八十八か所を巡る時に揃えたい装備の基本

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:314
  • ありがとう数:0

はじめに

四国八十八か所を巡る装備に厳格な決まりはありませんが、せっかくですから基本的な装備を揃え、気を引き締めて巡りましょう。

STEP1『着るもの』

◆菅笠・・表には弘法大師を表す梵字と同行二人などの文字が書かれています。
◆白依・・背中に弥勒菩薩を表す梵字などの文字が書かれています。
◆輪袈裟・・首からかける略式の袈裟です。食事やお手洗いの時は外します。
◆頭陀袋(さんや)・・納経帳や経本などの巡礼用品を入れるカバンのことです。

STEP2『その他身につけるもの』

◆数珠・・一般的に真言宗用を用いますが、自宅にあるもので構いません。
◆金剛杖・・上部が五輪の塔の形をした四角い杖です。

STEP3『お参りに使うもの』

◆納札・・寺に参拝した証として納めるお札です。
◆納経帳・・寺に参拝した証として寺から朱印をいただくための帳面です。
◆経本・・般若心経などのお経が書かれている本です。
◆線香・ろうそく・・本堂や大師堂で読経の前にあげます。マッチなども忘れずに。

STEP4これらは、一番札所や仏壇・仏具店、インターネット

などで入手できます。

歩き遍路の場合、着るものは動きやすい物の方が便利でなので、
白装束でないかたも多いです。
遍路は弘法大師との”同行二人”で巡ります。
金剛杖は弘法大師の分身といわれていますので、杖は用意しましょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ