アイラインでクマができないようにする方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2550
  • ありがとう数:0

はじめに

アイラインを引いた時は、おめめパッチリなのに、時間が経つと目の下にクマができ魔女のようになってしまうということありませんか?

これは涙や油脂で、引いたアイラインがぼけてしまい、瞬きするタイミングで、目の下に広がってしまう為です。

時間の経過とともに、化粧崩れは多かれ少なかれ発生するものです。
シンクロナイズドスイミングをする際の化粧は水に強い専用の化粧品ですが、
それでも一日中水に使っていると化粧は取れてしまいます。

今回、普段の生活で化粧崩れを最小にした、アイラインでクマを作らないようにする方法を紹介します。

STEP1<b>【目の下にクマができる原因と対策1】</b>

原因:アイライナー自体が問題である。

対策:ウォータープルーフ型の水に強いアイライナーを変える。

補足:
アイラインを引いた後に綿棒などでぼかせばさらに綺麗に仕上がります。
アイライナーを選ぶポイントは、口コミでよいと言われたものを選ぶことです。

参考URL⇒
<リキッドタイプ>
http://www.cosme.net/item/item_id/1020/top
<ペンシルタイプ>
http://www.cosme.net/item/item_id/1049/top

STEP2<b>【目の下にクマができる原因と対策2】</b>

原因:涙が出やすい。

対策:
 ①目の上のラインは、リキッドタイプ,目の下のラインはペンシルタイプにする。
 ②アイライナーコートを購入し、アイメイクをした後に、ラインの上に塗布する。

補足:
対策①は、リキッドタイプはウォータープルーフといえど、ペンシルタイプより水に弱い面があります。よって、ラインの位置により使い分けます。
対策②は、水分への抵抗を更に強化するためにコーティングします。

STEP3<b>【目の下にクマができる原因と対策3】</b>

原因:化粧直しをほとんどしない。

対策:
 コンタクトにゴミが入った、喜怒哀楽が激しかったなど、普段の顔の状況と違う
 コンディションの際に、化粧直しをする。

補足:
顔の表情があまり変わらなければ、アイラインの状態を保つことができますが、普段より涙の量が多い、目を深く閉じる場面では化粧崩れの速度を上げます。落ち着いた時に顔をチェックしに行きましょう。化粧ポーチに面棒を入れておくと便利です。

STEP4<b>【それでもクマができてしまう場合】</b>

アイラインが理由ではなく、マスカラが原因と考えられます。
マスカラもアイラインと同様の対処を行ってみてください。

まとめ

使用しているQ&Aはこちら⇒
http://okwave.jp/qa/q6022592.html

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ