”エイプリルフール”にウソをついて楽しめるのは午前中だけ?!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by coffee_time
4月1日は”エイプリルフール”1年に1度ウソを楽しめる日です♪ その意味と由来をご紹介します。

STEP1★ 意味

ウソをついていいのは午前中!!
軽いウソをついて、いたづらをして楽しめる日です。
人にウソをついても許されるのはこの4月1日。
エイプリルフール・4月バカ・万愚節とも言われています。

STEP2★ 4月1日は『ウソの新年』

正確な由来はハッキリされていませんが、
最もメジャーなエイプリルフールの起源説は、
フランスのグレゴリオ暦の採用にあると言われています。

フランスでは4月1日を新年としてお祭りをしたりしていました。
しかし、1564年フランス王国シャルル9世が1月1日を新年とするグレゴリオ歴に
したため、それに反発した人々が4月1日を『ウソの新年』として
バカ騒ぎするようになり、エイプリルフールの風習が生まれたといわれています。

STEP3★ 揶揄節

インドの悟りの修行では、3月25~31日まで坐禅を組んで修行するが、
修行が終わる4月1日にはすぐに迷いの境地から戻れることから、
4月1日を『揶揄節』と呼んでからかっていた説があります。

STEP4

エイプリルフールの由来はインド仏教説や古代の神話に基づくもの、フランスのグレゴリオ暦によるもの様々ですが、日本には大正時代に西洋からエイプリルフールの風習として広まったとされています。

年に1度のエイプリルフールを楽しみましょう♪

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

ページ先頭へ