動物の地震予知を知る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1304
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
動物は地震を予知するといわれています。

実際に、ねずみが家が火事になるまえに逃げ出したという経験をお持ちの人もいます。船が火事になる前に海に飛び込んだという船乗りさんの話もあります。

地震を予知しての動物の行動をご紹介します。

STEP1☆東日本大震災が起こる1週間前のカズハゴンドウ

1週間前の3月4日に、茨城県鹿嶋市の下津海岸にカズハゴンドウ(小型のクジラ、体長2~3メートル)52頭が打ちあげられていたそうです。

寒ブリの大豊漁のニュースを見て、開口一番「大きな地震がもうすぐ来るね。」と言った人もいます。

STEP2☆クライストチャーチの地震の2日前のゴンドウクジラ

クライストチャーチの地震の2日前の2月20日に、ニュージーランド南島の南西沖にあるスチュアート島で、ゴンドウクジラ107頭が浜辺に乗り上げていたとニュースで報じていました。

STEP3☆東日本大震災の前のイルカ

東日本大震災の少し前に、茨城の鹿島沖でイルカ50頭が打ち上げられていました。

遠浅で方向感覚を見失った、と報道されていましたが、大地震の前触れだったようです。

STEP4☆東日本大震災の前の猫

神奈川県のあるお宅では飼っていた猫7匹飼が地震の前に異常行動を起しています。

昼寝をしていた猫2匹が、地震がくる2~3分位前から突然顔を上げて周囲をキョロキョロし落ち着かずにいて、そしてグラグラきたとか。

チワワを飼っていたお宅では、チワワが異常に吠えて走り回り、「地震の前触れかも?」と話していた翌日に今回の大震災がありました。

まとめ

科学的にまだ解明されていませんが、動物の地震予知は昔から沢山の人が経験しています。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ