衣服に付いたカビの落とし方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:5924
  • ありがとう数:0

はじめに

カビといえば風呂場!という気もしますが、実はクロゼットもカビが育ちやすい温床です。春物を出そうと思ったらカビが…!とショックを受けた方に、落とし方をご紹介します。

STEP1

綿棒、白いタオル、カビ専用の液体塩素系漂白剤、ゴム手袋を使います。

まずゴム手袋を装着。
衣類の汚れている面を上にして、裏側に白いタオルを敷きます。
綿棒に漂白剤をつけてカビ部分に塗り、5~10分おきます。換気に注意してください。
落ちるカビは、これで落ちます。

STEP2

カビが取れたら、漂白剤のついた部分をぬるま湯でもみ洗いをします。
漂白剤があらかた落ちたら、普段使っている洗濯洗剤を使って、洗濯機で洗ってください。

この方法は、白いワイシャツやTシャツなど、水洗いできるもの限定です。

STEP3

頑固なカビになると、「カビは取れても汚れが落ちない」「何となくグレーの点が残る」という状態までしか落ちません。

カビは何よりはやさない、育てないのが一番です。
カビ服が見つかった場所は特に、その後もカビ対策をしていきましょう。
・天気のいい日にクロゼットや押入の扉を開ける。
・扇風機の風をクロゼットや押入に当てる
など、とにかく換気をすることが一番です。
適宜掃除もして、カビが育つための栄養分を残さないようにしましょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ