ゴキブリを退治する方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3722
  • ありがとう数:0

はじめに

あの黒光りするボディー、不気味な触覚…ゴキブリの季節が近づくと毎年憂鬱になる人も多いでしょう。おまけに奴らには羽根までついていて、アクティブに飛び回ります。ここではゴキブリと戦う方法をいくつかご紹介します。

STEP1<b>☆ ホウ酸ダンゴ</b>

置いてから1 - 2週間経つと、確実に数は減ります。タニタケの<ゴキブリキャップ>は30個入りで約2千円。15個入りもあり、薬局でも買えます。もう少し値段が安いものにはUYEKIの<ホウ酸ダンゴ>があります。効き目は同じですが、<ゴキブリキャップ>の方が容器ががっちりしているので、ペットのいる家にはこちらの方が安心です。それでもペットの手が届かない場所に置くようにしましょう。

STEP2<b>☆ ミントスプレー</b>

白元<ダニハーブ>などの天然ミント防虫スプレーを直接ゴキブリに噴きかけます。ポイントは腹部を狙うこと。

STEP3<b>☆ 自分の手で仕留める</b>

洗面台やキッチンの流し内であれば、洗剤をかけます(やはり腹部を狙うのがポイント)。風呂場内であればタイミング良く風呂が沸いたばかりとは限りませんが、熱いお湯をかけるのがベスト。お湯がなければ風呂用の洗剤やカビキラーをかけます。風呂場でも洗面台でも排水口に逃げ込まれてしまった場合は、洗剤をシュッシュッと噴きかけて、お湯を勢いよく流しておきます。

水場以外の場所では…紙でなら取れるという人は、ペーパータオルを3枚ほど重ねて捕ります。紙を通しても触れたくないという人は、フローリングの場合ですが、スリッパにチラシなどを巻いて一撃で仕留めます。中には飛んで向かってくるのがいますが、スリッパがあればバトミントンの要領で打ち返すこともできます。仕留めるコツは、良いスポットに追い込むこと(しばらく待つ必要があることも…)。無事に仕留めたらDMハガキなど厚めの紙ですくって、トイレに流します。

STEP4<b>☆ ネコを飼う</b>

ネコにもよりますが、優れたゴキブリハンターの素質があるネコは多いです。ゴキブリをおもちゃだと思っているので、飼い主の代わりに退治してくれます。中には排水口などで出待ちをするほどの子もいますよ。でも遊んだ後に動かなくなると食べてしまう可能性もあるので、その前に取り上げた方が良いでしょう。

まとめ

他にもくん煙系、スプレー系、粘着系などがありますが、<バルサン>や<ゴキジェット>は身体や環境に安全なのかどうかということがありますし、<ごきぶりホイホイ>などもペットのいる家では危険かもしれません。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ