メイク用ブラシの、水を使わない汚れの落とし方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:950
  • ありがとう数:0

はじめに

フェイスブラシや、アイシャドーブラシ。使っているうちに奥深くまでカラーパウダーが入り込んでしまいます。水を使わずお手入れする方法を紹介します。

STEP1汚いブラシではメイクの仕上がりもイマイチ

メイクブラシの奥まで入ったパウダーを落とすのはとても大変。
落としたようでまだまだ残っていたりします。
残ったパウダーは使用するうちに奥から出てきて、他の色と混ざり発色が悪くなってしまいます。
かといって水で洗うと、痛みが気になりますよね。

STEP2では準備です

早速水を使わずにお手入れしましょう。
用意するのはポリ袋と小麦粉(コーンスターチでも可)。
ポリ袋に適量小麦粉を入れて下さい。
大体、片手で軽くひとつかみくらいでしょうか。

STEP3粉には粉を

そのポリ袋の中にブラシを入れ、小麦粉をブラシとなじませます。
ポリ袋の外から中のブラシを揉んだりするとよいでしょう。
その際、表面だけでなく中まで小麦粉をなじませるのが大切なので、
垂直にブラシを押し付けたり、ちょっとブラシを傾けながら小麦粉をなじませます。
あくまでブラシを傷めないよう、優しく行ってくださいね。
強くブラシを扱うと、毛が抜けてしまいます。

STEP4落としていきます

よく小麦粉がブラシになじんだら、今度はそのなじんだ小麦粉を落としていきます。その際小麦粉にカラーパウダーがくっついて一緒に落ちるというわけです。

そのままポリ袋の中でブラシを振ったりしごいたりして落としても良いし、
袋から出して、外の粉がこぼれてもいい場所で行っても良いです。
綺麗に落としていきましょう。

これでブラシが綺麗になりました♪

まとめ

ブラシは優しく扱って下さいね♪
少々小麦粉が残っていても肌に害はないですし、小麦粉自体に色もないのでご安心ください。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ