お絵かきセラピーの薦め

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:464
  • ありがとう数:0

はじめに

子どもの心を安定させ、悲しい出来事をトラウマとして残さないために。

STEP1■どのような場合に効果的か■

子どもは大人とは違い、自分の心・気持ちをうまく表に現すことができません。また、大人の顔色をうかがい、行動したり発言したりするので、自分の気持ちは奥の方に置いたままにしがちでもあります。
東日本大地震のような大きな震災にあった場合、
友達とうまくコミュニケーションが取れないなど何らかの原因で学校に行けなくなった場合、
身内の死や家族の不仲など、悲しい出来事があった場合
など、さまざまな状況が子どもに不安や絶望感を抱かせてしまいます。

STEP2■お絵かきセラピーの方法■

子どもの心のままに自由に書かせてみましょう。
決して書くことを無理強いはさせないようにしましょう。
子どもの絵からは、心が読み取れます。
絵を描いていると、気持ちが落ち着きます。きっと子どもの心も、解き放たれるでしょう。

STEP3■絵への反応の仕方■

子どもが書いた絵について、内容を問いただしたりしないようにしましょう。
特別な評価も必要ありません。
気持ちにそっと寄り添いましょう。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ