国産のかんきつ類をおいしく食べる方法★清見

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:447
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by catherine-z
オレンジのように食べられる甘い国産のかんきつ類があります。

STEP1<b>【オレンジのように甘いかんきつ類とは】</b>

国産で、オレンジのように甘いかんきつ類は、「清見」(きよみ)という名で販売されています。
スーパーや八百屋にも並んでいます。
値段もほかのかんきつ類と同じか、冬から春にかけてはとても安く、手に入りやすいかんきつ類です。

見た目はオレンジのような、でこぽんのでっぱりがないような感じです。
しかし、見た目だけでは、甘いのか、それに皮は硬いのかと買い渋る方もいらっしゃるかもしれません。
でも、とても甘い、オレンジのような果物で、お勧めです。

STEP2<b>【清見とは】</b>

清見は、温州みかんとオレンジを交配させて作られたかんきつ類で、日本で育成されました。
それに、ほかのかんきつ類も生み出しているもとでもあります。
最近、よく店頭に並んでいる、熊本の特産品「でこぽん」や、「はるみ」の親です。
また、「せとか」の親でもあります。

外の皮はみかんのようには薄くないので、むきにくいのですが、オレンジのように切って食べれば、味も食べ方もまるでオレンジです。

STEP3<b>【清見の食べ方と保存方法】</b>

食べ方は、ステップ2にも書きましたが、外の皮が厚いので、八朔のようにむいて、薄皮もむいて食べるといいです。
しかし、面倒だと思ったら、オレンジを食べるようにカットして、薄皮も一緒に食べてOKです。
輪切りにしても見た目がきれいだし、薄皮も気にならないのでお勧めです。


直射日光を避け、常温で保存しても1週間ほどは持ちますが、長期保存をしたいときには冷蔵庫で保存がお勧めです。

まとめ

photo by catherine-z

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ