上手なお見舞いのポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:437
  • ありがとう数:0

はじめに

病気のお見舞いは、おめでたい事と違って気を使いますよね(><)

なかなか経験する機会もすくないからこそ、ポイントをおさえてお見舞い、おつきあい上手になりましょう☆

STEP1【状況を聞く】

まず入院を知らされた場合は、家族に電話をして『容態はいかがですか』と確認しましょう。
その際、こちらから根掘り葉掘り聞かないように!
本人の意向を確認してからお見舞いをしましょう。

STEP2【お見舞いの手紙の書き方】

時候や季節の挨拶は不要です。
○手伝えることがあったら言ってね
○元気に退院してあえるのをまっています
など。

病気の程度によっては相手を傷つけてしまう場合もあるので注意しましょう。

STEP3【お見舞いのNG】

○鉢植えのお花はNG
○切花でも、香りが強いものやユリや白菊など葬儀を連想するものはNG
○花がぽろっと落ちる椿もNG
○「パジャマ」も今はあまり贈る人は少ない

STEP4【お見舞いのベターな方法】

親しい間柄で入院が長引くことがはっきりしているのなら、必要な物をリストアップしてもらい、その中から購入しましょう。
また、小さな子供がいる場合も、お見舞いに行くと逆に迷惑がかかる場合もあるので、手紙を送る程度にとどめておいたほうがよいかもしれませんね。

まとめ

入院生活は長引いてほしくないものですね。
ただでさえ弱気になってしまうシチュエーション。
優しくフォローしてあげるのが大切です☆

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ