大震災 棚は壁に止めるべきか否か?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:780
  • ありがとう数:0

はじめに

震度6強を経験しました。 壁に固定してある本棚からは本が落ちました。 壁に固定していない本棚からは本棚が移動しただけで、本は落ちませんでした。

STEP1

壁に固定した本棚から落ちた本を観察すると、ゆれて落ちたのでは無く、横に移動して落ちた様です。 実際本の高さと棚の高さがほぼ同じで本がゆれる余地が無い本も落ちました。

STEP2

固定した本棚でも、本がすべり落ちないように、ほんの少し棚の手前に止めがある本棚からは本が落ちませんでした。

STEP3

食器棚、観音開きの物からは全部食器が落ちました。 観音開きでもプラスティックの留めを付けた物は無事でした。 引き戸の食器棚は戸が少し開き、少し食器が落ちました。

まとめ

結論 棚が倒れたら大変なので、棚は壁に止めるべきです。 そして棚の物が落ちないように、ほんの少しでも止めを付けると良いです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

地震 棚

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ