佐賀市は日本一の恵比須さまの町

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:307
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hana-haha
地元の人は「気にしていない」と笑うほど、多くの恵比須さまが町に溶けこんでいます。

STEP1

「この国の町屋にも村々にも道の辻ごとに恵比須を置けり」と、江戸時代に佐賀を訪れた文人菱屋平七が「筑紫紀行」の中で書いているほど、佐賀市には恵比須さま像が多くあります。確認されている佐賀市内の恵比須さま像の数は775体(2010年末時点)。
ほとんどの恵比須さま像が丸々と太った鯛を抱えていますが、「踊る恵比須」「大笑いしている恵比須」や「西宮」と文字だけが書かれた恵比須さま像もあります。

STEP2

恵比須さまは、有名な“七福神”の1人ですが、唯一の日本出身の神と言われています。他の神様たちは、中国やインドの出身です。

恵比須(えびす/日本の神)
大黒天(だいこくてん/インドの神)
弁才天(べんざいてん/インドの神)
布袋和尚(ほていおしょう/中国の僧侶)
毘沙門天(びしゃもんてん/インドの神)
福禄寿(ふくろくじゅ/中国の神)
寿老人(じゅろうじん/中国の人)

STEP3佐賀市に恵比須さま像が多い理由は諸説があります。

1.お殿様が恵比須さまを祀り、住民に広がった
2.海運業が盛んな佐賀城下町なので、海の神様として祀った
3.重要な道「長崎街道」沿いの、旅の安全を祈願する神様として祀った
4.石工が多かったので広がった

まとめ

「佐賀のまちかど恵比須さん」では、佐賀市内の恵比須さんの所在地を検索できますよ。
詳しくはこちら→http://www.saga-ebisu.com/

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ