イヤな事を忘れるには?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:743
  • ありがとう数:0

はじめに

もう思い出したくないのに忘れられない時、どうしたら良いのでしょう?

STEP1<b>【考えないようにする】</b>

嫌な事があった時、ずっと考え続けてしまう、ついつい思い出してしまう、という状態になり、より強く頭の中に残ってしまう事もあるでしょう。そんな時は、意識を集中して、考えないようにしましょう。”考えないように”というのはなかなか難しく、返って気になってしまうものなので、他の事を考えるように集中してみましょう。

STEP2<b>【何が嫌だったのか考える】</b>

考えないようにしても、思い出してしまう時は、何が嫌だったのか、具体的に考えて見ましょう。事柄について、どんな風に嫌だと思ったのか?どうすれば嫌な事にならなかったのか?日記やノートに書いて気持ちを整理してみるのも良いでしょう。
嫌だと思った状況がはっきりしたら、もう過ぎた事と思いましょう。防ぎようのなかった事は仕方のない事です。もし、状況を変える解決方法が見つかれば、その事を考えるようにしましょう。

STEP3<b>【好きな時間を増やす】</b>

時間が経てば、たいていは段々記憶は薄れるものです。自分が楽しいと思える時間を増やして、楽しい記憶をどんどん増やしましょう。美味しいものを食べる、遊びに行く、ショッピングをする、など、意識的に気分転換をしてみましょう。
無理に忘れようとせず、毎日を楽しく過ごす事を心がけていれば、自然と忘れていくことでしょう。

まとめ

どうしても辛い時、一人ではどうしようもない時は、周りの信頼できる相手に話したり、カウンセリングを受けるのも良いでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ