「海溝型地震」を知って日本の地震に詳しくなる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:539
  • ありがとう数:0

はじめに

今回の地震は太平洋プレートが、東北地方のプレートの下にもぐり込むことによって起こった「海溝型地震」と言われています。「海溝型地震」の仕組みをガイドします。

STEP1【地球はプレートで覆われている】

地球の表面は一枚ではなく、いくつもの岩盤がつぎはぎになって地球を覆っています。この岩盤を「プレート」と呼びます。

STEP2【プレートはマントルによって押し出されている】

地球の深層部にある「マントル」が海嶺からわきだし、海水にって冷やさて固まりそれが新たな「プレート」となるため、常にプレートは外へ外へと動いています。海底に火山があるようなもので「海底山脈」とも呼ばれています。噴火口が海嶺、マグマがマントルのようなものと考えると分かりやすいと思います。

STEP3【プレートとプレートの境目が海溝】

その押し出されたプレートの先端はどうなっているか、というと、陸側のプレートの下に潜り込んで行きます。この、プレートがもぐり込む場所を「海溝」と呼びます。

STEP4【海溝で地震が発生する】

大陸プレートは常に海側から押し出されるプレートによって圧力がかかっています。それが耐え切れずはねかえった振動が地震となるのです。これが「海溝型地震」の仕組みです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ