種類別にそれぞれ違う、ナッツの健康効果

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1499
  • ありがとう数:0

はじめに

美容によいという説があるアーモンド。他のナッツの健康効果は、どういったものがあるのでしょうか。そして、どう食べれば恩恵をこうむることができるのでしょうか。

STEP1

アーモンドは、ビタミンEやポリフェノールといった抗酸化物質を多く含みます。抗酸化物質=癌や老化を招く活性酸素を消す物質です。これを多く含むということで、いわゆるアンチエイジングにも役立つ、と言われています。
また、食物繊維も多いので、便秘解消にも役立ちます。
「肥満の人たちがアーモンドを食べたら、体重もBMI(肥満度を示す体格指数)も低下した」という報告もあり、ダイエット効果も期待できます。

STEP2

アーモンド以外にも、健康効果が期待できるナッツはいろいろあります。

クルミは、αリノレン酸が非常に豊富。αリノレン酸は体内で作れない必須脂肪酸で、血栓防止や中性脂肪の低下、炎症抑制などの作用があります。

カシューナッツには、悪玉コレステロールを減らすオレイン酸が豊富です。鉄や亜鉛などミネラルも多く含まれます。

ピスタチオは、塩分(ナトリウム)を排出するカリウムが豊富。高血圧防止に役立つと言われています。

STEP3

油や塩が添加されているものは避け、無添加のものを、毎日少しずつ食べると効果的です。ナッツそれぞれの栄養素も違うので、いろいろな種類を少しずつ食べるようにすると、より良いでしょう。

そのままおやつとして食べる(クッキーなどおやつを食べている人はナッツと置き換える)のもよいですし、砕いてサラダに振りかけると野菜も美味しく食べられます。
グラタンの上にカシューナッツを砕いて乗せるのも、焼き上がりが香ばしくなってオススメです。チーズの量を減らしても満足できる仕上がりになります。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ