ナッツ類を食べて健康になる

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:595
  • ありがとう数:0

はじめに

食べ始めるとついつい止まらなくなるナッツ類。脂肪が多いし体に悪い、と思っている人も多いかもしれません。が、実は体によい成分がたくさん含まれたヘルシーフードです。

STEP1

ナッツの主成分は脂肪ですが、ほとんどはαレノイン酸やオレイン酸など、健康によいと言われる油です。
さらにビタミンやポリフェノールなど抗酸化物質も多く含まれています。

動脈硬化を防ぎ、脳梗塞や心臓病のリスクを減らす効果があり、さらに癌や老化の誘因となる活性酸素も消してくれます。

STEP2

ただ、バターピーナツやアーモンドチョコなどをもりもり食べるのは問題。
おつまみのナッツ類は、油や塩が添加されたものが多く、ナッツの健康効果以上の害がもたらされる恐れがあります。
お菓子のナッツ類も、油や砂糖がかなり上乗せされているので、やはりカロリー過剰になる可能性があります。

健康志向の高まりを受けて、無添加のナッツ類も出回るようになりました。
また、製菓用や料理用の素材としてなら、無添加ナッツもよく見られます。

こういったところで購入し、1日200g(片手一握り分)を目安に食べるのが、健康効果が見込める食べ方です。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ