外出中に雷が鳴ったらどうする?安全な対処法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

雷はいつどこで鳴るか分かりません。 先日も急に雷鳴が鳴り響き、強いにわか雨に降られ怖い思いをしました。 雷が鳴ったとき、どうすればいいか調べてみました。
 マンションなどの鉄筋住宅は木造住宅に比べると比較的安全です。
木造住宅の場合は電化製品から1m以上離れましょう。雷が近くに落ちた
時は、雷の電流が水道などの金属の菅を伝ってくる恐れがあるので、
感電防止のため、水道を使ったりお風呂に入ることや電話をすることは
避けたほうがよいでしょう。
金属製のものを身につけていてもそこに雷が落ちやすいということはありませんが…
雷は自分の体より上に出っ張っている金属などに落ちやすいので、傘をさしている状態は危険です。

ゴルフや野球も雷の中でするのも同様に危険なことです。
屋根が金属製の車やバス、電車の中にいるときは、窓を閉めて手は膝に置き、車体やハンドル、機器などには触れないようにします。

自転車に乗っているときも一度降りて自転車を置き、近くの建物などに避難しましょう。
海や川の中にいるときに雷が落ちると電気ショックを受けることがあります。
雷が鳴り出したらすぐに水から出るようにしましょう。

そして建物の中に避難します。木のそばも避けます。
雷は高いところに落ちやすいので、すくなくとも2mは離れましょう。どうしても木のそばに避難せざるを得ないときはできるだけ低い木を選びましょう。

 
雷が落ちた場所から少しくらい距離があっても、衝撃が伝わりショックを受けることが
雷が自分がいる場所の近くに落ちた時には、足を閉じ、出来るだけ体を小さくしてしゃがみましょう。

さらに鼓膜を守るために指で耳の穴を押さえます。
 
外で突然の雷にあわないよう、天気予報を見るときは「雷警報・注意報」にもちょっと意識を向けておくことも大切でしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ページ先頭へ