災害時のツイッター利用法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:498
  • ありがとう数:0

はじめに

若者だけに流行っているのではありません。ツイッターによって、災害時にも、自分の必要な情報が手に入ります。

STEP1

岩手県では、震災後、県のホームページにアクセスが集中して見にくい状況になったため、必要な情報をより広く伝えられるかもと、フェイスブックとツイッターを積極的に活用しはじめているんだそうです。

STEP2

フェイスブック、ツイッターともに、被災者の安否確認や、停電、断水などのライフラインに関する情報を発信したところ、県のツイッターの閲覧者がおよそ2万3000人にものぼっているそうです。これは、地震前に比べて、およそ10倍の数字になるんだとか。

STEP3

岩手県以外の自治体でも、その自治体がツイッターを運用していれば、簡単に接続できるそうです。携帯電話やパソコンを使って、インターネットの検索エンジンで、「○○市(自治体の名前) ツイッター」と入力して検索してみてください。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ