マグニチュードと震度でわかる地震の規模

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:420
  • ありがとう数:0

はじめに

テレビで震度を知らせる速報が続いています。
地震の規模は震度とマグニチュードではどう違うのでしょう。

STEP1震度は、ある地点での地震の揺れの程度を表します。

震度3-屋内にいる人がほとんど揺れを感じます。
震度4-眠っている人がほとんど目を覚まします。
震度5-行動に支障を感じます。
震度6-立っていることが困難になります。
震度7-自分の意思で行動できなくなります。

STEP2マグニチュードは地震の規模を表す尺度です。

地震から放出される地震波のエネルギーの大きさです。
地震の性質が多様で正確に表現するため7種類のマグニチュードがあります。
日本で使用されているのは気象庁マグニチュードで、
日本での観測でもより正しく表現できるように改善されています。

STEP3

M7以上は「大地震」
M5以上7未満「中地震」
M3以上5未満「小地震」と分類されて
M7.5以上「巨大地震」と呼ぶことがあります。

改めてこのような知識が生活には、必要なんだと感じました。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ