燃えるゴミで捨てていいものか…雛人形の処分方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4097
  • ありがとう数:0

はじめに

初節句に祖父母から譲り受けた立派な七段飾り。
3月になる前から喜んで飾っていたのも小学生ぐらいまで…
その後は押入れに眠っている、という方も多いのでは!?
7段飾りとなると飾る場所も限られますよね。
「収納にも困るし、もういらないなぁ」と捨てる前に読んでいただきたい!

STEP1

人形のような「人のかたちをしたもの」は、魂が宿り易いと考えられいます。
ゴミとして捨てたりはせず、供養をして頂くのが一般的です。

STEP2

お住まいの地域はどちらでしょうか?それによって多少の違いはあります。
関西(大阪)では、7段飾りは20歳頃まで自宅で保管するそうです。
やはり人形は供養するようです。ただし持込は人形のみ。台座は分解して粗大ごみで廃棄します。

STEP3雛人形を供養して下さるところは全国にあります。

こちらの一覧表を参考に、お近くの御宮にお問い合わせください。
http://www.kougetsu.co.jp/kuyou.html

まとめ

ここで言う人形は、雛人形に限った話ではありません。
子どもの頃に遊んでいた「リカちゃん人形」のようなお人形も、処分の際には供養してあげましょう!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ