家庭の救急箱をチェック!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:525
  • ありがとう数:0

はじめに

災害が起きると、自宅近くの医療機関も被災するため、家庭での治療が求められます。
まずは家庭の救急箱の中身をチェックしましょう。

STEP1

災害が起きた場合、医療機関の患者の受け入れは限られ、治療は症状の重い患者さんが優先されます。少しずつ、家庭内の救急箱に、非常時に必要な医薬品や衛生用品の備えを見直してはいかかでしょうか。
救急箱は市販薬、ふだんから服用している薬、ガーゼや包帯などが中心となります。

STEP2■負傷した時に備えて■

湿布・・・地震発生後は打撲が多い
切傷用の消毒液
やけど、切傷用の軟こう
はさみ、ピンセット
三角巾、包帯、ばんそうこう
ガーゼ、きれいなタオル、脱脂綿

STEP3■飲み薬■

総合感冒薬(風邪薬)
総合胃腸薬
解熱鎮痛剤
整腸剤・・・おなかが弱い家族がいる場合は必要
注意:小さな子供や高齢者がいて、錠剤が飲めない場合は、シロップや粉状がいい
総合ビタミン剤・・・体調を壊しやすい

STEP4■その他■

体温計
マスク・・・予防のため。被災地では風邪が流行しやすい。
うがい薬・手指用の消毒液・・・予防のため。
目薬

まとめ

定期的に点検し、期限キレのものは処分しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ