福岡発!ラーどんの謎に迫る

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

”ラーどん”という言葉を聞いたことありますか?
ひょっとしたら、福岡の方であればその言葉を耳にしたことがある方もいるかと思います。

”ラーどん”とはなんでしょう?

今回、謎の”ラーどん”を紹介します。

STEP1<ラーどんとは>

ラーどんとは、食べ物の名称です。

ラーメン+うどん
で、ラーどんといいます。

ラーどんがどのような食べ物かを簡単に言うと、
”ラーメンのスープにうどんが入った麺類”
となります。

STEP2<ラーどんの特徴>

スープ:鶏ガラベースのとんこつ風味。茶色く濁っているが、透明性がある。とんこつラーメンのスープのような白濁性はない。
麺:細麺(きしめんに近いがもちっとしている)
具:きくらげ、かまぼこ、錦糸卵、ねぎ、ごま、わかめなど、うどんを意識した具が使われている。
味:鶏ガラベースということもあり、あっさり目。しかし、とんこつ風味でもある為、ひと口目は違和感がある。しかし、口に入れる毎に味がなじみ慣れてくる。

STEP3<ラーどんが食べられるところ>

店名:棚善(たなぜん)

福岡県糸島郡二丈町にあるお店(ドライブイン)です。
国道202号線沿いの、二丈から佐賀県・唐津方面へ海岸線を走っていると、”ラーどん”というひときわ目立つ看板があるのですぐに分かります。

目と鼻の先に佐賀県がある、という位置に立地しています。
よって、電車などの公共機関は使えず、車で行くことをおすすめします。

STEP4<棚善の不思議>

ラーどんを出しているお店、「棚善」は、焼肉屋でもあります。
しかも、佐賀県の人が中々口にできないと言われる、佐賀牛を取り扱っています。
ドライブインということもあり、佐賀牛は思った以上に安価に食べられ、ご飯の替わりにラーどんも食べられるという、異色の組み合わせで食事をとることができます。

また、十数年前、福岡市の西のはずれに支店が1件ありました。大々的な広告をされることはなく知る人ぞ知るといった、控えめな店舗でした。その支店は、佐賀牛が全国区になる前に閉店となりました。当時支店のあった地域は、現在では、九州大学が移転したことで、学生を始め家族が住みやすいベッドタウンとして区画整理が進み、賑やかになりつつあります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ