地震発生を想定した、事前準備と発生後の水の確保方法!!

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by dalight
地震が発生すると、震源地や規模(マグニチュード)にもよりますが、甚大な被害が想定されます

過去の地震の被害状況からも確実に、甚大な被害が起きます

地震発生後にあわてるのではなく、地震発生前から各自一人一人が事前に準備をしておく事で被害を最小限に留めましょう

今回は、生きていく上で一番必要な水について記述します

STEP1

地震が発生すると、まずライフラインに被害が生じることになります

まず、水道のストップや、店の倒壊などにより、物資が手に入らなくなるということです

では、この場合どう準備・対処するのか?

STEP2水の確保の必要性

現在、地震が発生するのを前もって知ることはほぼ不可能です
現在の科学を持ってしても直前にわかるという段階です

ですので、地震が発生してから準備をするのでは遅いです
水の確保は日々心がけている必要性があります

STEP3地震発生前の具体的な水の確保・備蓄方法

①ペットボトルやポリタンク等で保存する場合は、事前に中をよく洗って殺菌すること

②保存場所には、湿気の少ない日の当らない涼しい場所に保存する

③細菌の繁殖を防ぐために、定期的にペットボトルやポリタンクの中の水を入
 れ替える。

④③は2週間に1度の目安で行う(入れ替えは頻度が早いに越したことはないで
 す)

⑤市販のミネラルウォーターを保存する場合は賞味期限に気をつける

STEP4地震発生後の水の確保方法

万が一地震が発生して、確保しておいた水を持って避難する事ができなかった場合や、あらかじめ水の確保をしていなかった場合について記述します

電話が使える場合はすぐに電話をして、物資を親戚や家族に持ってきてもらいましょう。
または、国からの救援物資が届くのを待ちましょう

まとめ

注意点

ステップ4は水道水が地震によりストップした場合についてです

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

水 ペットボトル 水筒 ポリタンク

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ