子どものいじめが発覚したら(加害者編)

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:555
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kikukikupon
 いじめは犯罪です。言葉による暴力も、近頃では傷害と認定されつつあります。集団暴行ともいえる「いじめ」を我が子が働いてしまったら、あなたはどうされますか。親御さんの対応で、お子さんの将来が決まるといっても過言ではありません。

STEP1

 先ず、認めたくないでしょうが、現実を受け止めてください。相手がいじめられるような事を先にした、など間違っても口にしないよう。過去はどうであろう、今は加害者側に回っています。これが現実です。

STEP2

 お子さんを仲間から引き離してください。ほとんどのいじめは、集団で行われます。一人でアクションを起こす子どもは、稀です。学校に行かせない、携帯電話を取り上げるなどの対処を。お辛いでしょうが、一時的に孤立するよう仕向けます。一人にさせ、自分の過ちを考えさせる時間を持たせるのです。

STEP3

 被害者の親御さんと話し合いを持ちます。これはいじめグループ全員の親御さんが集まらなくても結構です。一家庭で行って構いません。しかし、必ず、第三者を交えてください。

 また、話し合いを録音することもお勧めします。相手の親御さんから、法外な慰謝料を要求される恐れもあります。それに、刑事・民事訴訟に発展した際、音源は証拠となります。

まとめ

 親同士の話し合いにお子さんは同席しない方が無難です。お子さんの安全を確保する為でもあります。安全という確信が持ててから、お子さんに謝罪をさせます。本来は真っ先に謝罪させるべきですが、相手の親御さんからの報復行為が無いとも限りません。

 世知辛い世の中になりましたが、頑張ってください。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ