こんにゃくを美味しくいただく下ごしらえ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

こんにゃくを美味しくいただくために、まずは下ごしらえの段階でコツをつかんでおきましょう。

STEP1

こんにゃくを煮物にするときは、包丁を使わずに手でちぎった方が、味がしみこみやすく、舌触りも良くいただけます。
手でするのに抵抗を感じる方は、お茶碗などのふちを使って切っても同様の効果が得られます。

※ 包丁のように鋭利なものでなければ、大丈夫ですので、ご家庭にあったり、身近なもので使いやすいものがあったら応用して使ってみてください。

STEP2あくと臭みを取り除くために、熱湯でさっとゆでます。

さらに、表面に数か所軽く切り込みを入れると味が良くしみこみます。

STEP3

ローカロリーなので、ダイエット食品としても利用されています。

コンニャク芋には皮膚の保水をする働きのあるセラミドが含まれています。
なので肌のうるおいを保ち、美肌効果が期待できます。
また、セラミドにはアレルギー物質の侵入を防ぐ役割もあります。
ただし、セラミドはコンニャク芋から精粉をつくる段階で少なくなるため、一般的に市販されている精粉から作られたこんにゃくより生芋から作られたこんにゃくのほうが多く含まれています。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ