【茨城県のすべての家庭の電力需要を賄える規模の電力を東京電力に提供】住金鹿島火力発電所の発表!

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
住友金属工業は、同製鉄所内にある住金鹿島火力発電所が25日から発電を再開し、26日時点でフル稼働(47万5000キロワット)を達成しました。茨城県のすべての家庭の電力需要を賄える規模で、この電力についてはすべて東京電力に提供するそうです。

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-20273720110327?feedType=RSS&feedName=businessNews

STEP1

原子力発電所の脅威はまだまだ続きますが、電力が供給されるということは助かります。

地震で稼働不能になっていた各地の火力発電所が次々と再開し始めれば、電力不足も解消されることでしょう。

STEP2

ユウチューブで「原子力発電所に蓋をすべき」と言っていた人も、「火力発電所も今は地震で修理中だけれど、再開すれば火力発電所だけで賄えるはず」と言っていたそうです。

他の火力発電所の再開が待たれます。

STEP3

じっくり点検し修理できる火力発電所でさえ、今回の巨大な地震での損傷を直すのに、時間がかかっています。

近づくだけで恐ろしい現場で、命の危険に怯えながらの修理では、じっくり修理できるはずがありません。

修理できるどころかますます悪化している原子力発電所は、蓋を閉める他手立てはないと思います。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ