コントロールを良くする方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:582
  • ありがとう数:0

はじめに

球威がなくても、絶妙なコントロールがあれば、打者を抑えることができます。でも、野球を観戦していても分かるように、プロでもコントロールを乱して、フォアボールを連発することがあります。コントロールが急におかしくなるのは肩に力が入りすぎている場合があります。そのときは、肩を上げ下げしたりすると、コントロールが戻ることがあります。また、上半身に力が入りすぎて手投げになると、コントロールは崩れます。そんな時は、屈伸をしたり、お相撲の四股を踏んで、下半身を意識させてやると、コントロールは戻ります。ただ、これは一時的にコントロールが狂った場合であって、慢性的なものなら、効果は薄いでしょう。慢性的なノーコンには少し時間が必要です。

STEP1

通常の半分くらいの距離からキャッチャーに向かって投げる。狙いどおりに投げられれば、一歩後ろに下がる。外れれば、もう一歩前で投げる。

STEP2

こうして、通常の位置まで戻るまで投球練習を続ける。

まとめ

この練習は、現役のプロ野球選手が教えてくれた方法です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ