消防庁が教える地震の備え

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:309
  • ありがとう数:0

はじめに

気になるニュース記事を見ました。
消防庁の方が地震に備えるための4つのことを教えてくれたいたので紹介します。

STEP1備蓄品をそろえておこくこと

地震が発生すると外出したり、生活用品を買ったり、通常の生活は思うとおりにできなくなります。
数日間だけでも生活ができるだけの備蓄品をリュックサックにつめて準備しておきましょう。
目安は3日間です。
消防庁のチェックシートを参考にしましょう。
http://www.fdma.go.jp/bousai_manual/too/pdf/store.pdf

STEP2安否確認方法をきめておきましょう。

家族が離れ離れで被災した場合、心配なのは家族の安否です。
ツイッターやスカイプ、災害伝言板など、どの手段をつかって確認して、どこで集合するのかをあらかじめ決めて起きましょう。
避難経路、避難場所、非常時の備蓄持ち出し品はどこにおいてあるのかなどを家族の共通認識にしておきましょう。

STEP3避難ルートの確認

自分の脱出ルート、帰宅ルートを確認しておきましょう。
枕元にもめがねや懐中電灯を用意しておきましょう。
避難場所までのルートも確認しておきましょう。

STEP4家具や家電の転倒ぼうしをしておきましょう。

ゆれて家具などの下敷きになる場合もあります。
大きな家具は転倒防止をしておきましょう。
寝る場所も大きなたんすの近くなどは避けましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ