パスタ、家庭でできるプロのゆで方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:564
  • ありがとう数:0

はじめに

パスタのゆで方は知れば知るほど奥が深いです。これまで、料理本や料理番組、料理教室などで学びながら、私が行き着いた(プロに近い?)ゆで方をご紹介します。やることは簡単です。

STEP1

お湯はたっぷり。塩も多めに入れます。ゆで上がったパスタにほんのり塩味がつく程度をめざします。

STEP2

沸騰したお湯にパスタをさっと投入。軽くかき混ぜてパスタのくっつきをとって、火加減は中火以下にします。ここから大事なことは、沸騰させないことと、がちゃがちゃかきまぜないこと。パスタの表面には細かなギザギザがありますが、ソースはこのギザギザにからみます。このギザギザをなくさないように、沸騰させない、さわらない、が大事なのです。

STEP3

パッケージに記されたゆであがりの時間よりも、1~2分早めにあげ(私はいつも1分20秒前にしています)、パスタをすぐにフライパンでソースとからませます。ゆであげ時間の1~2分前というのは、もっともパスタが水分を吸収する、つまりソースとからみやすい時間帯です。このタイミングでソースとからませることで、パスタとソースの一体化が生まれます。ちなみに、茹で汁は捨てないでください。

STEP4

パスタをソースとからませながら、アルデンテを目指します。あとは自分の舌でパスタを味見して、仕上げてください。塩味がたりないと思ったら、茹で汁をたして調整します。

まとめ

ポイントを整理すると、①ゆでるときは沸騰させない、さわらない。②1~2分はやめにあげて、ソースとからめながらアルデンテにもっていく。となります。以上、なにを目指しているのかというと、パスタにたっぷりソースをすわせる(ただからませるのではない)、ということです。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ