子供の特徴を知り、危険を回避する方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

子供は思いがけない事故を起こしたりします。 未然に防げるものなら防ぎたい! 子供の発達の実態、行動の特徴、身体的特徴をしっかり把握して危険を回避していきましょう☆

STEP1【頭が重い】

子供は頭部の比重が大きいので、重心が大人より高い位置にあります。
なので!!!
転びやすく歩道橋の手すりから下をのぞいたりすると落下しやすいです。
思いがけない転落事故に十分注意しましょう☆

STEP2【まだまだ不器用】

さらに手先は不器用、機敏に動くこともできなければまだまだ平衡感覚も発達中(^^;)
縁石の上などを歩いて転倒!!なども注意が必要です☆

STEP3【子供の視界は狭い】

もっとも大きいのは、視界の差。
大人の方が両手を目の端において見てください。前しか見えませんね?実際子供にはこんなもんしか見えていないと思っていてください。
視界が狭いので当然遠くの車は見えませんし、高い位置で合図を送っても子供には見えていません。飛び出し事故にも注意しましょう☆

まとめ

大人の常識は子供には通用しません。 一度子供目線にたってみましょう。 そして、こうした子供の状況をよく理解して、予測されうる範囲の危険は回避してあげたいものです☆

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

・子供目線

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ