褒められることが無限の可能性に!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:339
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by love-syoko
だれかに認められたい! そういう気持ちは、みんな持っています。
褒められること、認められていることが無限の可能性につながるのです。

STEP1

中学2年のとき、赴任してこられたA先生は、バレーボール部の顧問に着任。当時はめずらしく、みんなに平等に接してくださる先生でした。

STEP2

ボール拾いに明け暮れ、試合ではベンチでスコアーブック記入と、常に裏方にいる私のことを最大限褒めてくださいました。

STEP3

Photo by love-syoko
A先生のおかげで、だれかに認められている自分を感じ、大きな自信につながりました。
そして、先生の担当される「国語」だけは悪い点を取りたくないと必死でした。
3年のとき、原稿用紙10枚以内の「小説」を書く宿題があり、予定を大幅に超えて100枚以上の大作に仕上げました。

写真は、A先生が表紙をつけてくださった原稿です。

また、その作品のヒロインの女の子がトップの画像です。

まとめ

「だれでもやればできる!」子どもの可能性を信じて、いいところを見つけ出し、最大限引き出して伸ばすのが大人の役目ではないでしょうか。

もし、目立った特技がなくても「笑顔がかわいい」「元気がいい」それだけでも十分です。

関連するタグ

必要なもの

子どもの可能性を信じて、引き出すという強い意志

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ