ビジネスメールに学ぶ、好印象を与えるメールの書き方☆

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1330
  • ありがとう数:0

はじめに

初めてのメールや、親しくなりたい人を上手に誘いたい時など、ビジネスメールを上手に活用してみましょう。

STEP1<b>【ビジネスメール】</b>

ビジネスメールは、大きく分けて、宛名、本文、末文、という順序で書きますが、挨拶や、伝えたいことの言い回しなどを上手く取り入れて、簡潔で、わかりやすく、失礼のない文章にします。

STEP2<b>【宛名】</b>

あまり親しくない関係の時は、これから親しくなりたいという思いがあっても、なれなれしくするのは避けましょう。親しき仲にも礼儀ありとも言いますから、親しい関係でも、~ちゃんへ、~さんへというように、宛名はきちんと入れる事をおすすめします♪

”突然メールしてごめんなさい”や”お変わりないですか?”などの簡単な挨拶言葉も入れてみましょう。

STEP3<b>【本文】</b>

誘いたいこと、伝えたいことなどを、わかりやすく失礼のないように書きましょう。句読点やスペース、改行などを入れながら、読みやすい文面にしましょう。
相手が反応に困るような事は避け、言い辛いような事は、”もしよかったら”や”本当に申し訳ないけど”などのクッション言葉を上手く使って、ソフトな表現になるよう心がけてみましょう。

STEP4<b>【末文】</b>

最後に、挨拶と自分の名前を入れましょう。”風邪引かないようにね”などの季節に関係した挨拶や、相手が言われて嬉しいようなちょっとした気遣いの言葉を入れてみましょう。
本文が堅苦しくなってしまったような時は、ほっとする一言でメールを和ませてみましょう。

まとめ

敬語を上手く使いながら、親しみやすい文章にして、相手に良い印象を与えてみましょう♪
男性からの素敵なメールは、女子も心に響くはず♪

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ