家計簿の選び方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

家計簿をつけるとき、一番大事なポイントは家計簿の選び方です。自分に合わない家計簿は、挫折の原因になりかねません。自分にとって、できるだけ負担感のないものを選びましょう。

STEP1

家計簿には、大きく3種類が考えられます。①市販の家計簿、②家計簿ソフト、③手帳やノート、です。①市販の家計簿にはさまざまなタイプがあります。最近では、レシートを貼るだけで面倒な計算がいらない家計簿が人気です。②家計簿ソフトは、パソコン操作が慣れていればおすすめです。一般にソフト代は高いですが、無料の家計簿ソフトもあるので、初心者は無料ソフトから試すといいでしょう。EXCELに慣れていれば、EXCELで自作することもできます。③家計簿は、手帳やノート、カレンダーでも代用可能。初心者は、すでに使っている手帳などを利用すると気楽にはじめられます。

STEP2

①市販の家計簿、②家計簿ソフト、③手帳やノートのいずれでもないという方には、インターネットの家計簿はいかがでしょう? これはウェブページに自分の家計簿を作成し、記入・管理できるサービス。利用料はほとんどが無料です。ネットに接続できれば、外出先でも記入できます。また、携帯電話から更新できるサービスもあります。ただしパケット料金には注意してください。

まとめ

家計簿といってもその形式はさまざま。自分が負担にならず、楽しくつづけられるものを選んでください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ