大切な電話番号は暗記していますか?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:380
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hana-haha
万一の災害時に携帯が使えなかったら、あなたは大切な人と連絡が取れますか?

STEP1

携帯電話の普及で、電話番号は携帯電話が覚えてくれるものになりました。ボタンでアドレス帳を開いて選択すればかけられるので、覚える必要もないですね。赤外線通信も使えると、電話番号の交換すら番号を見ずに行うことが出来ます。ましてや自分に自分で電話はしないので、自分の電話番号を覚えてないなんてこともありますね。
しかし、あなたの便利な携帯電話を紛失したり使えなくなったり状況になったとき、どうしますか?

STEP2

NTT、DoCoMo、ソフトバンク、KDDI・・・いずれの災害用の伝言板サービスにも電話番号が必要です。電話番号を覚えていない事には使う事すらできないのです。
非常用持ち出し袋には、大切な電話番号をのせた紙のアドレス帳が必要かもしれません。

STEP3

今回の「東北地方太平洋沖地震」でも大活躍のNTT災害用伝言ダイヤルは、

171+1+自宅の電話番号(市外局番からダイヤル)で伝言吹きこみ
171+2+自宅の電話番号(市外局番からダイヤル)で伝言再生

という使い方ですが、固定電話が対象です。最近の若い方は1人暮らしでも携帯しか持っていないという場合もあるので使えませんね。携帯も各種の災害用の伝言板サービスがありますから、家族や大切な人とは「どの伝言サービスを使うか」あらかじめ決めておいた方がいいでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ