夜勤明けの睡眠法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

夜勤がつづくと、睡眠リズムが乱れます。眠くても寝つきにくくなったり、眠りが浅くなることがあります。対策としては、夜勤にあわせた睡眠リズムをつくることが考えられます。

STEP1

夜勤が入る前に数時間の仮眠をとります。これによって仕事中の眠気を防ぎ、集中力を高めます。夜勤前に寝ておくことで、1日の睡眠時間も確保できます。明け方の帰宅後はできるだけ光を避け、部屋を暗くし、睡眠環境をつくることが大切です。こうして夜勤前の数時間と夜勤後の午前中に眠るリズムをつくります。

STEP2

夜勤明けが休日であれば、昼間は眠らずに活動します。30分程度の仮眠はいいですが、長時間眠ってしまうと、夜眠れなくなり、睡眠不足の原因になります。

まとめ

睡眠を夜勤の前後に分散すること、それによって夜勤にあわせた睡眠リズムをつくることがポイントです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ