沖縄に行ったら琉球独自の染織を手に入れよう

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:395
  • ありがとう数:0

はじめに

沖縄には琉球時代からの珍しい染織がたくさんあります。

STEP1琉球紅型(びんがた)・宮古上布・喜如嘉の芭蕉布など

沖縄には多くの染織があります。

琉球紅型は、王朝時代は王族をはじめ位の高い人しか
見にまとうことが許されていませんでした。
色鮮やかな紅型は、沖縄の海と山と空によく映える
美しい染め物です。

STEP2宮古上布は、上質の苧麻(チョマ)糸で織った紺絣織物です。

一見単色に見えますが、よく見ると細かい模様が織り込まれています。
しゃれものに一枚欲しい織物です。

喜如嘉の芭蕉布は、植物の糸芭蕉からとれる糸で織られます。
芭蕉には3種類ありますが、芭蕉布は糸芭蕉を使います。
芭蕉布は原料の糸芭蕉の成長から完成まで長い年月と
手間がかかった織物です。

STEP3その他にも、八重山上布や久米島紬など多くのものがあります。

沖縄のお土産に、自分用にぜひい1枚欲しいものばかりです。

沖縄の織物については沖縄染織紀行を
http://rca.open.ed.jp/city-2001/textile/index.html

購入したい場合は沖縄観光ナビで検索を
http://www.okinawastory.jp/search/portal/

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ