【健康】便秘について知ろう!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:278
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by くまねこ
便秘で悩んでいる方は多いのではないでしょうか?
そこで、便秘についてもっと知識を高めるためにご紹介いたします!

STEP1✿便秘って何?✿

食事の偏りや不規則な生活、ストレスなどが原因で、現代人の便通は乱れがちです。

毎日すっきり排便できない人が多く、女性の2人に1人は便秘に悩まされているといわれます。

かくいう私も便秘に悩む一人ですが…

長い間便秘が続くと、肌荒れがひどくなったり、体がだるくなったり、美容や健康に、さまざまな悪影響を及ぼすことになります。

腸のコンディションの改善は、元気な体の第一歩です。

一般に、数日以上便通がない場合を便秘といいますが、毎日便通があっても、残便感があって不快だったり、量が少なかったり、便がコロコロとして硬かったりする場合も便秘と言います。

逆に数日に1回でも定期的にスッキリ出ていると感じる場合は、便秘ではありません。

STEP2✿便秘ってどうしてなるの?✿

胃に食べ物が入ると、そのサインが脳に伝わり、大腸の運動(ぜん動運動)が始まり、直腸に便が送られて充満します。
その刺激が大脳に届くと、便意が生じます(胃・結腸反射)。
この便意に応えて腹筋に力を入れると、排便となるのです。便秘は、このプロセスのどこかに支障があって起こります。

慢性の便秘には3種類ありますが、あなたは次のどのタイプでしょうか。

STEP3✿運動不足タイプ✿

大腸のぜん動運動は、便を排出させます。
腸の働きが弱く、便を押し出す力が十分でなくて便秘になるタイプ。
やせ型、運動不足の人に多く、腹筋が弱いことや腸が働かなくなってしまうことが原因。
弛緩性便秘と呼ばれます。

STEP4✿過敏タイプ✿

ぜん動運動が強すぎて腸が痙攣を起こし、便が出にくくなるタイプ。
精神的ストレスが大きな原因で、便秘と下痢を交互に繰り返す人もいます。
痙攣性便秘と呼ばれます。

STEP5✿無反応タイプ✿

便が直腸にたまっても排便のサインが弱く、脳に伝わらないタイプ。
便意を我慢しがちな人や、便秘薬を使い過ぎる人によくみられます。
直腸性便秘(習慣性便秘)と呼ばれます。

まとめ

自分の便秘のタイプを認識することで、対処方法もわかってくるのです。
あなたのタイプはどれでしたか?

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ