備えておこう!わが家の防災セット

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

災害が発生すると水、電気、ガス、通信などのライフラインが停止する可能性があります。復旧までの間の水や食料、生活用品をいつも備えておきましょう。

STEP1☆いつもの外出には・・・

普段から携帯電話、LEDライト、ホイッスル、筆記用具、水筒を持ち歩きましょう。
ホイッスル(笛)は携帯ストラップとしてつけておくと、痴漢、盗難などの防犯にも役立ちます。

STEP2☆いつも寝室に・・・

地震は就寝中に起こることも少なくありません。
頭の上に、物が落ちてこない所に寝ましょう。そして枕元に、スリッパ、懐中電灯、携帯ラジオ、笛(ホイッスル)を。明りのつく目覚まし時計も暗闇では役に立ちます。

STEP3☆いつも家の中に・・・

水と日持ちのする食料品は必ず常備します。災害時、不足し、悩まされるのは「水」です。普段からお風呂の残り湯をためておくことをおすすめします。停電中は掃除機もつかえないので、「ほうき・ちりとり」も必要です。

まとめ

被災時、非常時の最初の1日をしのぐために必要なものを避難袋に入れ、場所を決めて置いておきましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

普段からの準備

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ