差別とは重要である

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

 最近、男尊女卑という風潮がなくなってきた。というか、女尊男卑になっている。これは由々しき事態である。最初に断っておくが、総合的に言って、男と女は平等に創られている。男に子供は産めないし、男が完全な母親となって子供を教育する事もできない。また反対に天才の頂にいる人々のほとんどが男である。私の識見から述べて、女性の能力は平均に高いと思う。これは社会的業績の面から見ての見解である。だがそこから天才にまで飛躍した女性を私は知らない。もちろん多少なりとも天才の近接円に触れていたものはいる。シモーヌ・ヴァイユ、キュリー婦人らがそうである。しかしそれでも男性が天才になる確率が圧倒的に多いのである。
 

STEP1

 さて、話が少し脱線したが、本題に移る事にしよう。男女という区別が生まれながらある時点で当然差別は起こる。しかしこの言葉をそのまま受け止めてもらっては困る。この差別は一定の水準のもとで行わなければならない。この水準を決めるものはいくつかある。もっとも有力なのが、生理学である。生理学的に述べて、女性は男性より劣っている。この事実はくつがえしようがない。そしてこう言う悪い例もある。能力が同じ二人の男女がいたとして、それを何の根拠もなしにどちらか一方を優遇する事である。しかし、残念な事にこのような事が最近は頻発している。どうか皆さんには考えてほしいものである。女性の長所、短所、また男性のそれを。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ