観相学

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

まず人は初対面の重要さを顧慮する。これは偉大な指導者から巷の人々にまで言えることである。だが初対面の時に感じる事には大きな隔たりがある。古代ギリシャの哲学者たちが考えてきたことを総括しても、哲学者と人々の考えることには大きな隔たりがあるのである。
 

STEP1

 最初に大体の人が初対面の時に考える事を述べよう。彼らは決まって、容姿を気にする。
これは虚栄心の表れともとれるし、また動物本能の自然な対応とも取れる。私が述べた動物本能の意味は孔雀が羽をひろげるのと意を同じくする。
 次に哲学者の意見に耳を傾けてみよう。哲学者の通説では、観相学とは初対面の時にしか適応できない。なぜなら、親しくなると次第に目がぼやけ、相手を客観的に分析できなくなるからである。第一印象の時に哲学者が考えるのは、もっぱら才気の事であり、その人の人格の良し悪しではない。反対に人々は初対面の容姿で人の良し悪しを判断しようとする。これは大きな間違いである。どこかの馬鹿げた超能力者みたいな見解を人々はなんのはばかりもなく述べる。人格は長い付き合いで感得されるものであり、ましてやそれが初対面で分かるはずがない。
 結果から述べれば、哲学者の述べる観相学にも不正確さが見て取れる。額が広い人は頭が良いしるしであるや、背の高い人に頭の良い人はいないなどの諸見解はどれも曖昧で現実にそぐわない。もちろん、背の高い人に頭の良い人がいないなどと言う見解は科学的に多少なりとも支持できる。内分泌腺や自律神経系、交感神経の兼ね合いがその人の体格によって、規定されている事は確かに事実である。この真理は精神科医たちの長年の努力によって、すでに証明されている。
 ともあれ、観相学にとって重要なのは、感受性である。感受性の鋭い人はいち早く、その人の才気を見抜く。愚鈍な人にはその事は永久に分からないであろう

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ