猫の細菌性感染症

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1218
  • ありがとう数:0

はじめに

成猫と子猫はさまざまな細菌性感染症にかかりやすいのですが、ワクチンの予防接種はこれらの大部分を防止します。通常、猫は屋外のバクテリアまたは汚染された食品から細菌に感染しますが、飼い主はさまざまな感染経路を知っておかなくてはなりません。

STEP1感染はどのようにして起こるか

すでに細菌に感染していた動物に寄生していたノミやダニを介して、血液感染で、あるいは感染した小動物を食べることで、猫は細菌に感染します。

STEP2人間への伝染

猫引っかき病(CSD)のように、若干ではありますが人間に感染する病気もあります。 大部分の猫はCSDを発症せず、キャリアのままです。

STEP3一般的な徴候

発熱、リンパ節の腫れ、筋肉痛は猫の細菌感染のもっとも一般的な徴候です。感染が継続していて脱水につながれば、食欲も減退します。嘔吐や目、鼻、性器からの過剰な分泌物が見られたら、すぐに獣医に行かなくてはなりません。

STEP4感染を防止する方法

感染の主因はノミ、ダニ、その他の寄生虫です。寄生虫を殺すだけでなく、寄生虫に汚染された食物を与えてはいけません。飼い主は猫はそのようなものを偶然口に入れないように注意しなくてはなりません。

STEP5世話と処置

普段と変わった徴候がみられたら、猫をすぐ獣医師に診せてください。獣医師は診察や検査の後、治療に必要な抗生物質を処方します。人間に伝染する感染症もあるので、飼い主も猫同様の検査を受けることを勧められる可能性があります。猫が脱水状態に陥らないよう、補水に気をつけましょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ