天才の秘密

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:273
  • ありがとう数:0

はじめに

天才の誕生とは如何なるもの? そして、天才たちが残した業績と罪を問う。これはその最初の道のりである。

STEP1

 天才と狂気との隣接線、そこの枢軸に位置するのは、はたして何であろうか?私はとかくこの問題を考えないわけにはいかない。人々が声高々に崇拝する天才たちの偶像と、人々がせせら笑う狂人との境目。私はこの問題を解く鍵を手に入れてしまった愚かなる者である。もしこの問題が脳科学的に解明されようとも、いかなる天才の誕生を解く鍵にはならない。天才たる者の由縁が狂気にあるとすれば、それは悲劇であろう。しかし私は私情をはさむつもりは無い。まがうこと無い精神異常者の中に、才能の片鱗が見出されようとも、それが顕現されなければ、人々は彼を狂人と呼ぶであろう。反対に昨晩まで狂人だった者が一晩にして、英雄たちの墓地に埋葬されることも有りうる。これらのことは全て外界に起源を置いている。だがそれではこの問題を解き明かす鍵にはならない。天才たる者がもっとも自らを呪い、血反吐を自らの魂に塗りたくるのを人々は知らない。私はその禁断の果実に魂を売る。そう、彼らは述べるであろう。たとえ目の前に大量の黄金が積まれようとも、英雄たちの心は晴れない。彼らにとって外的な、物質的なものなどは実質的なものでしかなく、内的な、精神的な混迷を決して拭い去るものではない。

STEP2

 ショーペンハウアーは「常人より知能が高い者は、狂気に近い」と述べている。ゲーテは「おお! 狂おえる青春よ! お前はいつまで狂おえまわる。」ニーチェの「狂気。それ汝らに植え付けねばならい。」

まとめ

天才と狂気

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

天才に関する書物

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ