散骨が増えています!

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
過去には石原裕次郎さんも海に散骨しました。長門博之さんの叔母さんも、海に散骨しました。 これからも散骨は増えることと思います。

STEP1散骨が増えている理由

石原裕次郎さんなどは、海が大好きで大好きでという理由で散骨したようですが、今は人間関係が希薄になったり、子供や近親者がいない方が散骨をされています。

STEP2散骨の良さ

お墓を作るにも高額の費用がかかりますし、それに何より、お墓を守ってくれる者がいない場合も沢山ありますので、「散骨」はいかにも現代に相応しい様式といえます。

STEP3散骨の費用

ある葬儀会社の例では、粉骨・散骨供養・手元供養のすべてをセットで、73500円とありました。普通のお葬式から比べたらなんと安いことでしょう。

石原裕次郎さんが海でしたので、空からヘリコプターで散骨をしなければならないと思い、ある程度高額な費用を覚悟していましたから驚きです。

でも、山林へとなるとちょっと嫌だなという思いもあります。やはりヘリで空から撒いてもらいたい・・・?

葬儀に参列してくれる人が少なかったり、葬儀に意味を見出せない人にとっては、これで充分だと思います。

STEP4子供たちも助かります

例え親が充分な葬式の費用を用意してくれてあっても、お葬式を出すのは並大抵の苦労ではありません。

散骨という現代の葬儀の様式は、大歓迎です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ