暖房費や冷房費を減らす方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:374
  • ありがとう数:0

はじめに

夏の厳しい暑さで熱中症が頻繁に話題になりました。

暑ければエアコンで室内の温度を下げ、寒い冬にはストーブで温める。
当然のことながら燃料費が気になるところです。

無駄なくエアコンやストーブを使うため、ちょっとした工夫をしてみましょう。

STEP1

最初に少し費用はかかりますが、カーテンを遮光カーテンにかえてみてください。

カーテンは高い!と思っている方、最近では大型スーパーや家具店で以外と安く売ってるのをご存知ですか?
デザインもさまざまあって遮光性がしっかりあるものがたくさん売られています。

STEP2このとき注意するのはカーテンの長さです。

なるべく床いっぱいいっぱいの長さを選んでください。
カーテンフックで数センチの調整はできるようになっているので工夫してみましょう。

STEP3そしてポイントは夏でも日中カーテンをしめきること。

引きこもりみたいでイヤだなぁと思うかもしれませんが、室内にいてエアコンを起動している間はカーテンをしめてみてください。
今までより2度くらい高い設定でもエアコンが十分涼しくしてくれることに気づくはずです。
逆に冬は日光が入っている時間帯ならばカーテンはあけておいても大丈夫ですが、あまり外との気温の差があるようならば閉めてしまったほうが効率的です。

まとめ

遮光率の高いカーテンを選ぶこと。
長さの調節をきちんとすること。

必要なもの

遮光カーテン

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ