インターネットから臓器提供の意思登録ができることをご存じですか?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:241
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ホタルギツネ
 平成22年の臓器移植法の一部改正により、本人の意思が不明でも家族の承諾があれば臓器提供が可能になりました。つまり、逆に言うと本人の死に直面している家族が、さらに非常に重い選択をしなければならなくなるということを意味するのです。

STEP1≪改正した臓器移植法の主な変更点≫

○本人の意思が不明でも、家族の書面による承諾があれば臓器提供が可能。
○臓器を親族へ優先的に提供する意思が表示できる。
○家族の書面による承諾があれば15歳未満の方でも臓器提供が可能。
○虐待を受けた児童が死亡した場合に臓器提供がされることのないよう処置を講ずる。
○運転免許証等への意思表示の記載を可能にする。

STEP2

 15歳未満の方は「臓器を提供したい」という意思を書面で表示することはできません。しかし、「臓器を提供したくない」という意思は表示することができます。臓器提供について理解できる年齢になったら、家族で話し合って意思を伝えておくことが大切です。
 15歳以上の方は、臓器提供意思表示カード、保険証、運転免許証の意思表示欄に、自分の臓器提供に関する意思をきちんと表示しておきましょう。でなければ、もし万が一の時に意思表示がされていなければ、本人に代わって家族が意思表示をしなければならなくなるからです。どちらを選択するにしても、家族にとっては精神的に重い負担を負わせることになってしまいます。

STEP3

 インターネットによる「臓器提供意思登録」は平成19年3月より可能になりました。登録すると、印字された登録カード(意思表示カード)が発行されます。

○パソコン用
http://www2.jotnw.or.jp/

○携帯用
http://www2.jotnw.or.jp/m/

まとめ

○社団法人日本臓器移植ネットワークHP
http://www.jotnw.or.jp/index.html

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ