枝野官房長官に学ぶ、わかり易い話し方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1100
  • ありがとう数:0

はじめに

大変な大惨事の中、政府のスポークスマンとして枝野官房長官が記者会見をし続けています。
官房長官のわかりやすい説明に、多くの人が状況を理解し、見守る姿勢を保っています。

STEP1枝野官房長官の記者会見は、とても高く評価されています。

高く評価されているポイントを確認し、日頃の生活に役立てたいものです。

1.ゆっくりと判り易い言葉で話す。
2.原稿ではなく自分の言葉で話す。
3.質疑応答には、しっかり相手をみて答える。
4.情報操作せず、悪い事象も事実をきちんと伝える。
5.理解が難しそうな部分や、誤解を招きそうな部分は繰り返して説明する。
6.あいまいな受け応えはしない。
7.説明窓口として常に先頭にいる。

STEP2

問題が起こると、とかく弁解や逃げに走りたくなるのが人間の心理です。
枝野官房長官は真摯な姿勢で向き合い、事に正面から対処する姿に安心をし、温かい視線を送っているものでしょう。

まとめ

枝野官房長官の事に向き合い姿勢は、普段の生活にあてはめ、手本として見習いたい姿勢です。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ