蚊に刺された時

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

 蚊に刺された!痒い!でも、痒み止めが近くにない!そんな時簡単に痒みを止められる方法です。

STEP1

 夏が過ぎても蚊はまだ飛んでいますよね。ちょっと庭に出たりすると、どこか蚊に刺されていたり。痒い痒い!そんな時に限って痒み止めが見あたらない、あるいはない。ますます
痒みはエスカレート。

STEP2 でも、諦めないでくださいね。セロテープが助けてくれます。

 とても簡単です。

  ○ 刺された所に、セロテープを貼る・・これだけです。

 いろいろな方法があると思いますが、個人的にはこれがぴったりです。
 
 

まとめ


 蚊は血を吸うとき、唾液を注入します。それは人の皮膚を麻痺させるためですが、この唾液がアレルギー反応を起こし、痒みになるのです。唾液の中に、もし病原ウイルスや病原虫などがあったりする場合(マラリヤ・テング熱・日本脳炎など等)大変です。
 侮るな蚊!です。セロテープはあくまでも、応急です。痒みが長引いたりしたら、あたり前ですが、ぜひ皮膚科へ行ってくださいね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

 セロテープ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ