家族や友だちが心を病んでしまったら

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:619
  • ありがとう数:0

はじめに

心の病は誰にでもかかる恐れのあるもの。

ある日突然、家族や友だちがいつもと違う雰囲気だと感じたら…
そしてそれが毎日続き、どんどん顔色が悪くなっていったら…

もしかして心を病んでいるのかもしれません。

心を病むということは、今までその人なりに極限まで頑張って
しまったせい。
頑張り過ぎてどうしていいか分からなくなったんです。

そんな時だからこそ、温かく見守ってあげることが必要です。

そして実際に心を病んだ人がすぐ身近な人であった場合、
もしかしたらあなたがその人を救えるかもしれません。

STEP1家族やとても仲の良い友だちなど、身近な人が心を病んでいる

ようだと感じた場合。
ムリに病院に連れて行くのは止めましょう。

STEP2

最初に相手の話をゆっくりと聞いてあげてください。

STEP3身体に不調な部分がある場合、それらを治すように促しながら

病院に行くことを相手に伝えてみる。

STEP4

『イヤだ』と言った場合は無理に連れて行くことは止めましょう。

STEP5

根気よく相手をしてあげることが必要です。

STEP6

その間に、薬だけではなくきちんとカウンセリングをしてくれる病院を
探しましょう。

STEP7病院へ行くことになったら…

一人では辛いと相手が言った場合、出来るなら一緒に行ってあげてください。

STEP8

お薬を処方されたら、体調に現れているストレスによる不良部分を押さえてくれる
ものです。キチンと服用させるようにしてください。

STEP9

薬に相手が不安を訴えたり、飲んでいて不調を訴えた場合は病院に相談して
薬を変えてもらうことも出来ます。

STEP10処方だけする病院はよくありません。

キチンとカウンセリングを受けたかを相手に聞くことを忘れずに。

STEP11

相手が医師を信頼しているならいいのですが、そうでない場合は、一緒になって
相手に合う医師を探してあげましょう。

まとめ

心を病んでいる時、相手はとても精神状態が不安定になっていつも不安の中にいると
考えてください。

相手の立場になって一緒に悩むと自分も陥ってしまいますから、自分を見失わない
ように気をつけること。

時には一緒にバカ騒ぎしてあげることも必要です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

相手を思いやる心

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ