Googleでパーソンファインダーへ登録するボランティア

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

ボランティアの新しい形。被災者名簿をパーソンファインダーへ登録する人材をGoogleが探しています。

STEP1[集めたデータを登録するだけ]

仕事が休みだけれど、どうしてもパソコンを触ってしまう人、ボランティアしたい人にいい案件です。

Googleが、パーソンファインダーに登録してくれるボランティアを集めています。

参考:
http://googlejapan.blogspot.com/2011/03/blog-post_17.html

STEP2[まだ4割程度の入力]

パーソンファインダーに登録されているのは、まだ4割程度。

やり方は、名簿のコメント欄に名前が入っているもので、「PF登録開始」と入っていないものを選びます。

パーソンファインダーへアクセスし、[人を探している] をクリック

名前を入力します。

最後に、写真へ以下のコメントを記入
「PF 完了」

STEP3

■同一人物だと判断できる人が既に登録させている場合

この人間の状況:「この人が生きているという情報を入手した」を選択
 メッセージ: 避難所名(Picasa の画像の下にあります。○○小学校)
 写真への URL、その他有用だと思われる情報を入力します。
 この人と災害発生後にコンタクトとれましたか?: いいえ
 あなたについて: ボランティアの方のニックネームなどを入力

■行方不明者の新しい記録を作成する場合
 姓、名: 画像内から姓名を読み取みとり入力してください
 判断に迷った氏名に関しては Picasa 上にコメント
 住所: 市区町など個人が特定できる範囲で入力してください
 写真 URL: Picasa 写真への URL を入力
 この記録の情報源: 「この記録は別の情報源からコピーしたものです。」を選択、
 元の情報提供者にGoogle、元の記録のURLにPicasaへのURLを入力。

 その後は、上の登録と同様。
 
 → [この記録を保存] をクリック

(説明)
http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011_volunteer2.html

STEP4

みなさんのご協力を待っています!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ