腰痛・二次災害に備える方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

季節の変わり目などに、よく「腰痛」を体験する人もいるかと思います。大切なのは、治りかけの時期! それを甘く考えると、ほんとうに悲惨な目に遭いますヨ。 ここでは、想定外のできごとにもあわてないために、日常的に行っておきたい対策を紹介したいと思います。

STEP1

ふだんから、転倒しないように家のなかを片付けておくなど、可能な限りの予防策をしておきます。
荷物を持つときや運ぶときは、慎重の上にも慎重に! 箱入りの重いものは、中身にもよりますが「大玉ころがし」の要領で転がしながら運ぶと便利です。

STEP2

乾物などの保存食をストックしておきます。それさえあれば、買い物に行けなくても安心できます。
また、腰痛がひどいときは食欲も落ちるので、日持ちがするプリンやゼリーなども冷蔵庫に常備しておくと助かります。

STEP3

くしゃみをするだけでも「グキッ」となることがありますので、くしゃみが出そうなときは注意してください。
雷嫌いの人は、稲妻と雷鳴だけで体が「ピクッ」となりますが、雷様に「直訴」するわけにもいきませんので、とにかく落ち着くようにしてください。

まとめ

風邪でもなんでも「治りかけ」が大切です。腰痛の症状が出ている人は、十分注意してください。腰痛は一週間ほどで症状が楽になりますが、「もうだいじょうぶだろう」と安心していると、さらに症状が悪化して回復が遅れることになります。 また、今日すべきことを明日に引き伸ばさないなど、日常生活面での心掛けが大切です。スケジュールには、多少の余裕を入れておくことも……。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

ふだんから、いろいろな意味で、余裕のある生活を心掛けておくこと!

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ